しみについて


●あなたはどのタイプ?

※□で囲まれた治療機器は当院に導入されています。

肝斑の模式図

肝斑

ほほ骨に沿って、左右対称に出ることの多い褐色のシミです。額の中央や鼻、口の周りに出ることもあります。紫外線に当たったり、こすったりすると悪化します

 

●治療法

・内服

・適切なスキンケア

・遮光

・美白剤外用

老人性色素斑の模式図

老人性色素斑

境界がはっきりした茶色~こげ茶色のシミです。30~40歳以降に増えるシミで、大きさは様々で左右対称ではありません。このシミの下に薄い肝斑を合併することもあります。

 

●治療法

※ふくらんでしまったシミには

そばかすの模式図

そばかす(雀卵斑)

直径数ミリ以下の小さな淡い茶色のシミです。ほほや鼻の周りにたくさんできます。幼少期から出始めて、思春期に目立つようになり、紫外線の強い夏に特に色が濃くなります。遺伝と関連があります。

●治療法

・遮光



炎症後色素沈着の模式図

炎症後色素沈着

ニキビや湿疹、虫刺されなどによる肌の炎症後に出来る色んな濃さの茶色いシミです。年齢や場所には関係がなく、炎症が起これば全身どこにでも出来ます。

 

●治療法

・内服薬

・美白剤外用

・遮光


茶あざ・ほくろの模式図

茶あざ

茶あざは扁平母斑といわれ、生下時から存在することがほとんどです。治療方法はQスイッチ付レーザー照射ですが、レーザーが効くものは非常に少ないため、照射すべきかについては是非ご相談下さい。

●治療法


真皮メラノサイトーシスの模式図

真皮メラノサイトーシス

左右対称にほほや額、鼻にパラパラとできる小さいまるい褐色~青灰色のシミです。20歳代以降にみられます。ときに癒合して肝斑と間違われることもあります。季節による変化が少ないシミです。

●治療法